宇部市内ファミリーマート新店計画続々 沖宇部と西岐波に出店

コンビニエンスストアチェーンのファミリーマート(東京都豊島区、TYO:8028)が、宇部市東部に『ファミリーマート』の新店を2店舗計画していることが分かった。

新店は、宇部市沖宇部のスーパーマーケット跡地と同西岐波の飲食店跡地に出店する。沖宇部の予定地は既存のセブンイレブン宇部常盤公園東店とやや近い立地であるが、周辺は常盤公園に近接した良質な住宅地として開発が進んでおり、閉店したスーパーマーケットの需要を補完する役目もある。

西岐波の予定地は交通量の多い国道190号沿道で、セブンイレブン宇部西岐波店とローソン宇部西岐波才川店のほぼ中間地点に位置する。

同社は業界最大手のセブンイレブンの後を追い、国内で年間1500店舗以上の出店を目指している。宇部市内では昨年より店舗オーナーを募集しており、今後も7月、8月にそれぞれANAクラウンプラザホテル宇部にて商品試食付きの特別説明会の開催を予定している。

宇部市内のほか、山陽小野田市への出店予定もあり、既存コンビニの空白地帯を中心に更なる出店攻勢をかける。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事