JR九州、若松線に架線式蓄電池電車を導入 平成28年秋から

九州旅客鉄道(JR九州、福岡市)は27日、平成28年秋から若松線(筑豊本線若松駅-折尾駅間)架線式蓄電池電車を導入すると発表した。同社として初めての営業線への導入であり、交流電化方式の蓄電池電車として…

この記事は、データベース破損により消滅しました。バックアップデータが存在しないため、復元することができません。ご迷惑をお掛けいたしますことを、お詫び申し上げます。原文を保存している方は、宇部ジャーナルまでご連絡ください。

(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事