フジドリームエアラインズ、北九州−名古屋線開設を検討

フジドリームエアラインズのロゴ

フジドリームエアラインズのロゴ

フジドリームエアラインズ(FDA、静岡市清水区)が、北九州空港と名古屋(小牧)空港を結ぶ路線の就航を検討していると東海地方の経済紙『中部経済新聞』が18日報じた。同紙によると、同社は来年3月下旬以降の夏ダイヤから、名古屋(小牧)を発着する新規路線の開設を検討している。北九州空港のほかには、出雲空港への就航が候補に挙がっているという。

北九州−名古屋(小牧)線には、かつて日本航空(JAL、東京都品川区、TYO:9201)傘下のジェイエア(J-AIR、池田市)が1日3往復6便を運航していたが、日本航空の経営悪化により平成18年11月には1日1往復2便に減便し、平成19年3月に撤退している。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事