グーグル地図、関門北九州地域の街並み三次元表示に対応

グーグル(Google、米国)の地図表示サービスが、関門北九州地域の街並み三次元(3D)表示を開始した。5日までに表示できるようになったのは、下関市、北九州市の主要部分、中間市、芦屋町、遠賀町、水巻町の全域、直方市、宮若市、宗像市、鞍手町、岡垣町、苅田町の一部など。対象地域では、建物や街路樹などほぼ全ての立体物が再現され、任意の角度、高さから街並みを見ることができる。

グーグルの地図表示サービスは、ウェブサイトの「Googleマップ」や専用ソフトウェアの「Google Earth」で利用することができる。

表示例

小倉都心部(城内タワー付近から展望)

小倉都心部(城内タワー付近から展望)


北九州空港と連絡橋

北九州空港と連絡橋


下関市中心部

下関市中心部

関門北九州地域のグーグル地図街並み三次元表示対応区域


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事