山口FG傘下3銀行、外貨預金キャンペーン開始

山口フィナンシャルグループ(山口FG、下関市、TYO:8418)傘下の山口銀行(下関市)、もみじ銀行(広島市中区)、北九州銀行(北九州市小倉北区)は7日、「YMFG 外貨預金3本の矢ラッキーキャンペーン」を開始した。米ドル定期預金に対して優遇金利を適用するほか、預け入れ時の為替手数料を無料とする。また、預け入れた米ドル定期預金と同額分まで、円定期預金にも別途優遇金利で預け入れできる権利を付与する。

米ドル定期預金の預け入れ期間は6ヶ月で、適用金利は1.0パーセント。最低預入金額は5000米ドル以上で、円資金による新規預入に限る。米ドル定期預金と同額分まで預入できる円定期預金は、預入期間1年で、適用金利はスーパー定期の店頭表示金利の7倍。円定期預金への優遇は外貨定期預金預入日当日のみとなり、後日優遇金利を適用させることはできない。いずれの預金も金利は税引前で、満期日到来後は通常金利となる。

キャンペーン期間は9月7日から今年12月30日まで。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事