下関市中心市街地活性化基本計画調査委託業務に係る条件付き一般競争入札実施

下関市は10月28日、下関市中心市街地活性化基本計画調査委託業務の契約受託候補者を選定するため、条件付き一般競争入札を実施する。同業務は、同市の次期中心市街地活性化基本計画の策定を検討する際の基礎資料として、前回計画の効果検証と下関市を取り巻く環境変化の分析を目的とする。

前回の中心市街地活性化基本計画では、下関駅にぎわいプロジェクトや社会教育複合施設整備運営事業(ドリームシップ)等を実施した。今後は唐戸地区での市街地再開発事業や、斜面住宅地再生事業、あるかぽーと地区の長期開発計画、岬之町コンテナターミナルの移転後跡地開発計画等の実施が見込まれる。

条件付き一般競争入札の参加確認申請書は、10月22日まで受け付ける。

関連情報(外部リンク)


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事