北九州銀行、三萩野支店を新築移転 ロビー面積2倍に拡張

山口フィナンシャルグループ(山口FG、下関市、TYO:8418)傘下の北九州銀行(北九州市小倉北区)は16日、三萩野支店(同)を新築移転すると発表した。移転先は現店舗から西方に約200メートル地点の小倉北区白銀一丁目1番1号。新店舗は、ロビーを現店舗の約2倍に拡張し、21台分の専用駐車場を設置するほか、全自動型貸金庫293マスを新設する。

新店舗の敷地面積は1455.0平米。建物は鉄骨造2階建で、延床面積676.5平米。うち1階は451.1平米、2階は225.4平米。1階のロビーは145.0平米。敷地は、TOTO(同、TYO:5332)が昨年10月、大和ハウス工業(大阪市北区、TYO:1925)に売却した約4万平米の大規模用地に隣接しており、周辺には商業施設やカーディーラー等の出店が計画されている。

現在の三萩野支店は、昭和39年9月完成で老朽化が進んでいる。431.6平米の敷地内に専用駐車場は3台。建物は鉄骨・ブロック造2階建で、延床面積475.7平米。うち1階は274.1平米、2階は201.6平米。1階のロビーは63.5平米。周辺は商業施設も多く、香春口三萩野駅にも近い。店舗跡地は隣接する平面駐車場「白銀中央有料駐車場」との一体的な開発が望まれる。

新店舗は平成28年1月に完成する予定。同月15日金曜日まで現店舗で営業し、翌週の18日月曜日から新店舗の営業を開始する。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*