北九州市平成28年度予算要求 建設局(2)都心・副都心関連 旦過地区事業を拡充

黒崎駅関連事業の完成予想図 手前からペデストリアンデッキ、新駅舎、南北自由通路、北口駅前広場、安川電機ロボット村(北九州市、JR九州、安川電機)

黒崎駅関連事業の完成予想図 手前からペデストリアンデッキ、新駅舎、南北自由通路、北口駅前広場、安川電機ロボット村(北九州市、JR九州、安川電機)

北九州市建設局の平成28年度予算要求のうち、都心・副都心関連では、「小倉駅・黒崎駅前のにぎわいづくりの推進」に16億8900万円。小倉駅南北公共連絡通路、黒崎駅南北自由通路、黒崎駅ペデストリアンデッキ等を整備する。

「旦過地区まちづくりに資する河川整備事業」は、拡充事業に指定し4億3200万円を要求。このうち4億200万円は河川整備事業で、神嶽川と一体となった旦過市場の再整備を推進する。

平成28年度は市場対岸の護岸整備を実施し、市場の再整備事業計画を策定する。旦過市場の再整備・再開発は、平成30年度の着手を目指す。

小倉都心部集客アクションプラン推進事業には、2億8900万円を要求。市民や来街者の行動範囲を広げ、滞在時間を延ばすため、公共空間の魅力向上や歩行空間の整備を行う。

また、このうち400万円は、新規事業の勝山公園等民間活力導入推進事業。小倉北区の勝山公園とあさの汐風公園で、指定管理・設置許可によるイベント実施や出店等を検討し、都心部の集客力向上を図る。

北九州市では12月25日まで、平成28年度予算要求状況に対する意見募集を実施している。個別事業の詳細な内容に関する問い合わせは、担当局で受け付ける。

(1)|(完)


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事