宇部市神原町にドラッグコスモス出店

コスモス薬品(福岡市博多区、TYO:3349)は、宇部市神原町に「ドラッグコスモス」の新店舗を計画している。来年2月までに開店予定の西岐波店を含め、宇部都市圏(宇部市、山陽小野田市)では10店舗目の出店となる。

出店計画書によると、店舗の名称は「(仮称)ドラッグコスモス宇部神原店」で、計画地は市道神原町草江線(鍋倉草江線)に面した琴崎産業本社敷地。敷地面積は5807平米。用途地域は準住居地域。

店舗は鉄骨造平屋建て、建築面積2046平米、店舗面積1715平米。来客者用駐車場は建物外平面・自走式で70台。駐輪場は20台。大和リース(大阪市中央区)が建設し、コスモス薬品が各テナントとして入居する。

建物配置図(大和リース)

建物配置図(大和リース)

敷地は南北に分かれており、広い北側に店舗、荷捌施設、廃棄物等保管施設、来客用駐車場55台、駐輪場等を配置し、細長い南側は来客用駐車場15台、従業員用駐車場35台とする。出入口は道路側に2か所設ける。

今後、平成28年4月上旬着工、同年11月下旬開店の予定。出店計画では、営業時間は午前10時から午後10時までとしている。年間集客予定、年間売上目標はいずれも未定。

計画地周辺の航空写真


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事