小倉駅前郵便局、再開発に伴いひまわりプラザへ移転

再開発ビル商業施設部分の完成予想図(小倉駅南口東地区市街地再開発組合)

再開発ビル商業施設部分の完成予想図(小倉駅南口東地区市街地再開発組合)

日本郵便(東京都千代田区)は7日、小倉駅前郵便局(北九州市小倉北区)を移転する。移転先は小倉駅構内にあるJR西日本不動産開発(尼崎市)の商業施設・小倉エキナカひまわりプラザ1階。

現在の局舎は、小倉駅南口東地区市街地再開発事業の実施に伴い、近く解体される。再開発ビルは高さ95メートル、地上24階建てで、完成は平成30年度以降。同郵便局も下層階の商業施設に入居する予定。

同じく再開発事業実施地区内に立地していたあいおいニッセイ同和損保北九州支社はアジア太平洋インポートマートビルへ、三菱UFJ信託銀行はKMMビルへ、それぞれ2月中に移転している。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事