下関港へのグローリー・シー初寄港延期 5月下旬に

ダイヤモンドクルーズ社のクルーズ船

ダイヤモンドクルーズ社のクルーズ船

下関市は11日、4月17日を予定していた客船「グローリー・シー」の下関港への初寄港について、船社と代理店から延期の連絡があったと発表した。

変更後の初寄港は5月下旬となる予定で、市は1週間前をめどに改めて報道発表を行う。

グローリー・シーは、ダイヤモンドクルーズ(中華人民共和国・上海)が運航するクルーズ客船。3月の発表時点では船名を「グローリー・オブ・ザ・シーズ」としていた。

また、3月時点で下関は国内唯一の寄港地とされていたが、鹿児島港(鹿児島市)や沖縄へ今年8月に寄港する計画が判明している。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事