北九州銀行、預金払戻や災害復旧融資取扱開始 熊本地震の災害復旧支援

山口フィナンシャルグループ(山口FG、下関市、TYO:8418)傘下の北九州銀行は15日、14日に発生した「平成28年熊本地震」の災害復旧を支援するため、預金払戻、中小企業者向け「災害復旧特別融資」 、個人向け「災害復旧ローン」の取り扱いを開始した。

通帳・証書・印章等を紛失した被災者には、預金支払で便宜扱いを実施する。定期預金等の期限前払出についても、事情により相談に応じる。

災害復旧特別融資は、中小企業者と組合を対象に事業再建に必要な設備・運転資金を融資する。限度額は5000万円以内、融資期間は7年で必要に応じて据置期間2年まで可能。融資利率は同行最優遇金利マイナス0.2パーセントの変動金利で、信用保証協会保証付の場合は同行最優遇金利マイナス0.7パーセント。返済方法は原則元金均等月賦償還。

災害復旧ローンは、個人を対象に災害復旧目的のリフォーム・家財・車輌購入資金などを融資する。融資金額は10万円以上、1万円単位でリフォーム資金は500万円以内、家財・車輌資金は300万円以内。融資期間はいずれも6か月単位で、リフォーム資金が1年以上10年以内、家財・車輌資金が6か月以上7年以内。融資利率はいずれも保証料含み1.95パーセント、リフォーム資金は変動金利、家財・車輌資金は固定金利となる。返済方法は元利均等月賦返済で6か月ごとの増額返済も可能。

災害復旧特別融資、災害復旧ローンともに、取扱期間は15日から今年7月29日まで。いずれも北九州銀行の全店で取り扱う。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事