「22日までに北九州市で大地震」はデマ 北九州市が気象庁の説明引用し注意喚起

海外のブログサイトが掲載した「北九州市でマグニチュード8.0を超える大地震が起こる」とする内容がインターネット上に流布され、問い合わせを受けた関係機関が注意喚起を行う事態に発展している。

問題のブログ記事は19日に掲載されたもので、北九州市八幡西区の福岡県八幡総合庁舎で観測された放射線量の測定状況などから、北九州市で3日以内にマグニチュード8.0を超える地震が起きるとしている。

このブログは今月発生した熊本地震を予知したとされるが、実際の予想は「南日本または台湾」と大雑把である上に、時期も外している。また、ブログでは毎月数十件に及ぶ各地の「地震予知」を掲載しており、仮に当たったとしても偶然と言える。

北九州市危機管理室危機管理課では「東海地震以外で日時と場所を特定した地震を予知する情報はデマ」とする気象庁の説明を引用し、真偽不明の情報に注意するよう促している。


 

(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事