エストラスト 被災建物に重大な被害なし

エストラスト(下関市、TYO:3280)は19日、14日以降発生した「平成28年熊本地震」の影響について発表した。

同社が過去に熊本県内で供給した物件では、建物の内外と周囲で被害が発生したものの、現時点で重大な被害は報告されていないという。従業員への人的被害はなかった。

今回の地震に伴う業績への影響については、現時点で重大な損害の発生は認識していないが、今後、業績に影響する事象が発見された場合、速やかに開示するとしている。

同社は熊本市内で、オーヴィジョン新屋敷(中央区、49戸、平成20年)、オーヴィジョン長嶺(東区、60戸、平成24年)、オーヴィジョン上熊本(西区、46戸、平成25年)、オーヴィジョン熊本駅南(西区、62戸、平成27年)の4棟の分譲マンションを販売している。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事