空港施設、北九州空港に飛行機整備用格納庫建設 MRJ拠点年内完成

北九州空港飛行機整備用格納庫の完成予想図(大林組)

北九州空港飛行機整備用格納庫の完成予想図(大林組)

空港施設(東京都大田区、TYO:8864)は、北九州空港に飛行機整備用格納庫を建設している。今年12月に完成予定で、三菱重工業(東京都港区、TYO:7011)などが出資する三菱航空機(西春日井郡豊山町)のジェット旅客機・MRJ(三菱リージョナルジェット)の量産機飛行試験や納入前機体保管の拠点となる。

建設場所は、北九州市小倉南区空港北町の空港ターミナルビル北側にある貨物地区展開用地。敷地面積は1万1029平米、建築面積は6017平米。建物は鉄骨造地上2階建、延床面積6630平米。設計は大林組(東京都港区、TYO:1802)九州支店一級建築士事務所、施工は大林組九州支店。

貨物地区展開用地と増設駐機場

貨物地区展開用地と増設駐機場(三菱総合研究所)

施設規模は空港内にあるスターフライヤー(北九州市小倉南区、TYO:9206)の格納庫(延床面積約3372.29平米)の約2倍となり、同時に3機の機体を格納できる。

三菱航空機が4月19日に開催を予定していた「MRJ北九州空港活用計画説明会」は、平成28年熊本地震の影響で延期となったが、改めて機会を設ける。飛行試験は平成30年から開始し、量産が進む平成32年以降は、納入前の機体保管場所にもなる。

地元企業にとっては機体整備に必要な部品など航空機産業参入の機会であり、受注・量産の増加に伴う整備工場の誘致にも期待が高まっている。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事