宇部興産、宇部フィルムを簡易株式交換で完全子会社化

宇部興産(UBE、宇部市、TYO:4208)は7日、同社連結子会社の宇部フィルム(山陽小野田市)を簡易株式交換により完全子会社化することを決定したと発表した。

宇部フィルムはプラスチックフィルムの製造販売等を手がけており、一般には家庭用品の「ポリラップ」の製造業者として知られている。完全子会社化により、宇部興産のフィルム事業強化を図る。

宇部フィルムの3月31日現在の持株比率は、宇部興産が93.7パーセント、石川(神戸市兵庫区)が1.8パーセント、宇部商事(宇部市)が0.7パーセント、藤井商会(山陽小野田市)が0.7パーセント、その他個人株主が2.8パーセント。

株式交換の実施予定日は6月24日。交換比率は宇部興産1に対し宇部フィルム16.075。交換は全て自社株式で行い、新株発行はしない。宇部興産が保有する宇部フィルム株式は株式交換による割り当ての対象外。

宇部フィルムはすでに連結子会社であることから、宇部興産の業績への影響は軽微としている。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事