下関北九州道路整備促進大会、8月1日に開催

下関北九州道路の早期実現に向け要望活動などを行っている、下関北九州道路整備促進期成同盟会、下関北九州道路建設促進協議会、中国経済連合会・九州経済連合会関門連携委員会の3団体は8月31日、共催で下関北九州道路整備促進大会を開催する。

会場はシーモールパレス3階エメラルドの間。主催者として山口県知事、福岡県知事、北九州市長、下関市長、九州経済連合会会長ら、来賓として国土交通省関係者、関門地域関係の国会議員、両県の県議会議員、下関・北九州両市議会議員ら、合計約250人が出席する予定。

大会では北九州市長の北橋健治氏、中国経済連合会・九州経済連合会関門連携委員会委員長の吉村猛氏(6月29日から山口FG社長)らが実現に向けた意見提言を行う。大会で採択された決議は後日、関係機関へ要望として持参する。

下関北九州道路整備促進期成同盟会は官民一体の団体で、山口県知事の村岡嗣政氏が会長、福岡県知事の小川洋氏、北九州市長の北橋氏、下関市長の中尾友昭氏が副会長を務める。

下関北九州道路建設促進協議会は民間の団体で、九州経済連合会会長の麻生泰氏が会長、中国経済連合会副会長の福田浩一氏(山口FG社長)、九州経済連合会副会長の張本邦雄氏(TOTO会長)、山口県商工会議所連合会・下関商工会議所会頭の川上康男氏(長府製作所会長)、北九州商工会議所会頭の利島康司氏(安川電機特別顧問)、福岡県商工会議所連合会会長の磯山誠二氏(西日本シティ銀行副頭取)が副会長を務める。

中国経済連合会・九州経済連合会関門連携委員会は両経済連合会の合同委員会で、山口フィナンシャルグループ(山口FG、下関市、TYO:8418)社長が委員長を務める。下関北九州道路をはじめとした関門連携に関する様々なプロジェクトを検討・推進している。

前回の整備促進大会は平成27年7月24日に開催し、同年8月27日に3団体共同で中央要望活動を行った。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事