トラストネットワーク、下関市新椋野の分譲マンション第2弾始動

トラストホールディングス(トラストHD、福岡市博多区、TYO:3286)傘下のトラストネットワーク(同)は、下関市新椋野で3年前に分譲した「トラストネクサス新椋野」に続くプロジェクト第2弾を始動する。

新しいマンションの名称は「トラストネクサス新椋野II」で、敷地はゆめモール下関南側の新椋野1丁目1016-2、1016-3、敷地面積2267.45平米、建築面積752.37平米。

建物は鉄筋コンクリート造地上10階建、延床面積5678.39平米。総戸数は60戸で間取りは1LDK+S、2LDK、3LDK、3LDK+S、4LDKの5種。専有面積は57.23平米から87.74平米。駐車場は平置き34台、機械式26台の合計70台。

販売価格は1895万円から3335万円、最多販売価格帯は9戸の2500万円。管理費は月額6400円から9800円。修繕積立金は月額 3400円から5200円。修繕積立基金は一括20万4000円から31万2000円。駐車場代は月額0円から1万5500円。

販売代理はプランハウス(下関市)、設計・監理はアトリエパッソ(広島市中区)、施工はイチケン、管理会社はビジネス・ワンファシリティーズ(福岡市中央区)。

トラストネクサス新椋野IIの完成は平成29年4月、入居開始は平成29年5月を予定している。

トラストネットワークは周辺地域でトラストネクサス長府侍町(下関市)やトラストネクサス宇部黒石(宇部市)などの分譲マンションを販売しているほか、ゆめモール下関内で天然温泉和楽の湯「下関せいりゅう」を運営している。

建設予定地周辺の状況(グーグルマップ)


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事