サニーサイドモール小倉は野村不動産グループのジオ・アカマツが運営

野村不動産ホールディングス(野村不動産HD、東京都新宿区、TYO:3231)子会社のジオ・アカマツ(同)が、サニーサイドモール小倉の運営業務を担当することがわかった。

ジオ・アカマツはユニバーサル・シティウォーク大阪(大阪市此花区)、モリシア津田沼(習志野市)、bono相模大野(相模原市南区)をはじめとした、全国多数の商業施設のプロパティマネジメント(PM)、テナントリーシングなどを手がける。

北九州市内では、小倉北区の小倉駅前アイム(セントシティ北九州地下1階・地上7階から14階)のPM、テナントリーシング、内装推進監理をアスクプランニングセンター(東京都千代田区)に代わり平成19年から引き受けている。

サニーサイドモール小倉は、北九州市小倉南区のJR下曽根駅前にある旧ザ・モール小倉の建物を改装し、今年9月15日に開業予定の商業施設。これまでにハローデイトイザらス等のテナントの出店が判明している。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事