7月24日に小文字通りで映画撮影 紺屋町−平和通は全面通行止

北九州市小倉北区の小文字通りで7月24日、映画撮影が行われることがわかった。撮影時は、小文字通りのうち浅香通りと接続する「紺屋町交差点」から平和通りと接続する「平和通り交差点」までの約0.3キロメートル区間が全面通行止となる。

通行止予定日時は、7月24日の朝6時から18時まで。悪天候などの要因で撮影が中止された場合、予備日の7月31日に日程が変更となる。規制中は車道・歩道ともに通行できないため、影響を受ける交通機関や沿道の事業者は、それぞれ対応を発表している。

北九州市交通局は、通行止区間を通る市営バスの運行経路を一部変更し、勝山通り(旧電車通り)、平和通りに迂回する。迂回運行の実施時は「米町」「堺町公園前」「紺屋町」の3バス停が休止となる。予備日に変更される場合、24日は通常運行する。

ブリーズベイホテル(横浜市中区)は、同社が運営するホテルクラウンヒルズ小倉の正面玄関が通行止区間内にあるため、ホテル駐車場隣に臨時出入口を設け、23・24日の宿泊客向けに隣接街区のパラカ小倉紺屋町第1駐車場を臨時駐車場として指定する。

小文字通りでの映画撮影を巡っては、6月12日に東映(東京都中央区、TYO:9605)子会社の東映テレビ・プロダクション(東京都練馬区)が『相棒−劇場版4−』の撮影を予定していたが、悪天候のため中止となっていた。

当初予定日に続き予備日の6月19日も悪天候のため中止となり、撮影を誘致した北九州フィルム・コミッション(北九州市小倉北区)は、19日の撮影中止を知らせる文書の中で「撮影は、再度北九州で行う予定」と発表していた。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事