山口FG、住友生命と合弁で保険代理店会社設立 10月業務開始へ

山口FGのロゴ

山口FGのロゴ

山口フィナンシャルグループ(山口FG、下関市、TYO:8418)は6月30日、住友生命保険(大阪市中央区)との共同出資でワイエムライフプランニング(YMLP、下関市)を設立した。

YMLPは資本金1億円で、山口FGが90パーセント、住友生命が10パーセントを出資。今後許認可等の取得手続きを進め、保険代理店業務は今年10月、金融商品仲介業、投資助言・代理業、銀行代理業等は平成28年度中の営業開始を目指す。

役員等は、代表取締役社長に奥田健一郎氏(山口銀行FP事業部長)、取締役に吉村猛氏(山口FG社長)と辻本功氏(住友生命保険代理店事業部)、監査役に福田進氏(山口FG取締役監査等委員)が就任する。代表取締役以外は非常勤。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事