サンデン交通、7月21日から無料バスWi-fiサービスを提供開始

サンデン交通(下関市)は7月21日から、同社グループで運行するバスの利用者向けに無料のWi-Fiサービスを提供開始する。サービスは1回60分、1日10回まで利用することができる。

サービスの対象となるのは、サンデン交通が運行する宇部空港線・福岡線と、グループ会社のサンデン観光バス(下関市)、ブルーライン交通(同)、宇部山電タクシー(宇部市)、長門山電タクシー(長門市)の貸切バスの一部車両。

このサービスは電話会社が提供するモバイルデータ通信ネットワークを経由するため、山間部などでは接続しにくい場合がある。また、福岡線のうち西鉄高速バス(福岡市)が運行する便はサービスの対象外となる。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事