北九州港航路集貨対策委員会、荷主企業向けに北九州港見学会を開催

北九州港航路集貨対策委員会は8月5日、北九州港振興協会と共催で荷主企業向けに「北九州港見学会」を開催する。見学会は2部構成で、第1部は北九州市小倉北区の北九州国際会議場で講演会、第2部は実際の港湾施設見学を行う。

北九州港太刀浦地区(北九州市)

北九州港太刀浦地区(北九州市)

講演会はエイチ・アイ・コーポレーション(東京都渋谷区)代表取締役の磯部洋氏を招き、日本貨物鉄道(JR貨物、東京都千代田区)など大手企業の事例をもとに物流効率化について講演を行う。

港湾施設見学は門司コースとひびきコースの2コースを実施。門司コースは太刀浦コンテナターミナルと北九州貨物ターミナル駅を見学し小倉駅北口で解散、ひびきコースは響灘地区を海上から視察し小倉渡船場で解散する。

同委員会では毎年、荷主企業を対象に国際物流に関するセミナーや港湾施設視察等を実施しており、今回もその一環。見学会の申し込みは名鉄観光サービス(名古屋市中村区)北九州支店で受け付ける。定員は先着90名で、7月29日必着。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事