サンデン交通、夏休み期間に下関駅−市民プールの臨時バス運行 小学生は全路線50円

サンデン交通(下関市)は21日、下関駅と下関市市民プールを結ぶ臨時バスの運行を開始した。この臨時バスは同社が毎年夏休み期間に運行しているもので、期間は7月21日から8月31日まで。

臨時バスは市民プールの敷地内に設置する市民プール前臨時バス停に乗り入れる。長府扇町工業団地行きの定期路線バスは、通常通り市民プール前バス停に停車し、臨時バス停には停車しない。

下関駅−市民プールの通常運賃は470円だが、期間中は小中学生向けに「夏休み定期券」を販売する。夏休み定期券は福岡線を除くサンデン交通の全路線が、3600円で14日間連続乗り放題となる。

また、今年は小学生を対象に、福岡線、特急下関行、特急宇部空港行きを除くサンデン交通の全路線を1乗車50円で利用できる「なつやすみ こども50円バス」を実施する。50円運賃を利用する場合は現金支払のみで、他の割引との併用は不可。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事