北九州銀行、商業・サービス産業のインバウンド対応支援 23日に誘客セミナー

山口FGのロゴ

山口FGのロゴ

山口フィナンシャルグループ(山口FG、下関市、TYO:8418)傘下の北九州銀行(北九州市小倉北区)は8日、地方創生に向け商業・サービス産業のインバウンド対応応援事業を開始すると発表した。

8月23日には北九州市内の小売店、飲食店、ホテル・旅館等の営業者を対象とした「インバウンド誘客セミナー」を北九州市と共同で開催する。セミナーでは、訪日外国人旅行者の増加をビジネスチャンスに繋げるための方法や制度を紹介する。

セミナーは8月23日15時から17時まで、北九州銀行本店4階ホールで開催。訪日外国人旅行者の動向や免税店制度などについて、国土交通省九州運輸局観光企画課の田中昭夫氏ら4人の講師を招き、制度の詳しい説明や手続き効率化の提案を行う。

セミナーの参加費は無料。申し込みは北九州銀行地域振興部で受け付ける。先着50人の定員に達し次第締め切りとなる。北九州銀行では今後も地域の事業者にビジネスチャンスを紹介する取り組みを進める。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事