サニーサイドモール小倉のテナント プライスファクトリー、K・M・T、ANZUが新たに判明

北九州市小倉南区のJR下曽根駅前に今年9月15日開業予定の商業施設・サニーサイドモール小倉のテナントが新たに判明した。今回判明したのはプライスファクトリー、K・M・T、ANZUの3店舗。

プライスファクトリーは小倉北区足立に本店を構えるアウトレット家具店で、北九州市内では他に八幡西区のクロサキメイト内に黒崎店を出店している。サニーサイドモール小倉には「曽根店」として出店。新たに5人程度の採用を予定している。

K・M・Tはこまつコーポレーション(小倉北区)が運営するレディスファッション店で、サニーサイドモール小倉の前身である旧ザ・モール小倉にも出店していた。サニーサイドモール小倉への再出店にあたり3人程度を新たに採用する予定。

ANZUはあんずファッション企画(戸畑区)が運営するヤングレディース専門店で、若松区のイオン若松ショッピングセンターや福岡市中央区の天神ビブレなどに出店している。サニーサイドモール小倉の店舗では5人程度の新たな採用を予定している。

サニーサイドモール小倉は旧ザ・モール小倉の建物を改装し9月15日に開業予定。施設を所有する下曽根商業開発(東京都港区)はこのほど、入居する主要約70テナントを公表した。最終的には約100店舗程度が出店する予定で、既に公表されたもの以外にも複数のテナントが判明している。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事