北九州市、小倉・戸畑地区の都市計画道路見直し原案を縦覧中

北九州市は8月18日から、同市の都市計画道路22路線を変更する都市計画の原案を縦覧している。変更は同市が進めている都市計画道路見直しの一環で、今回は小倉・戸畑地区の長期未着手路線等を廃止する。縦覧期間は9月1日までの土・日曜日を除く毎日、時間は午前8時30分から午後5時15分まで。

変更対象路線の概要図(北九州市)

変更対象路線の概要図(北九州市)

小倉地区の概要図(北九州市)

小倉地区の概要図(北九州市)

小倉地区は、鋳物師町線、7号線、三萩野田町線、紫川東線の一部区間、都市高速道路1号線付属街路1号線、都市高速道路1号線付属街路2号線の全区間を廃止する。鋳物師町線は小倉北区東港一丁目と下到津一丁目を結ぶ路線で、鋳物師町(都市高速道路東港ジャンクション直下)から起点側の区間を廃止する。

7号線は上富野三丁目と戸畑区中原を結ぶ小倉都心部外縁の環状路線として計画されたが、一部の未着手区間について事業化を断念した。神幸町から起点側の区間と下城野二丁目から終点側の区間を廃止し、上到津二丁目から中原までの区間を新たに到津中原線として指定、残る区間の起終点を入れ替える。

三萩野田町線は金田一丁目と昭和町を結ぶ路線で、中島二丁目から終点側の区間を廃止し、起終点を入れ替え路線名を田町中島線に変更する。紫川東線は浅野二丁目と下城野一丁目を結ぶ路線で、東篠崎三丁目から終点側の区間を廃止する。都市高速道路1号線付属街路1・2号は紫川東線変更に伴い接続区間を廃止する。

戸畑地区の概要図(北九州市)

戸畑地区の概要図(北九州市)

戸畑地区は、猪ノ坂町線、城野戸畑駅線、大門三六線、三六槻田線、中原天籟寺線、中町海岸通り線の一部区間、築地元海岸通り線、新池町中原線の全区間を廃止する。猪ノ坂町線は同区新池三丁目と小芝一丁目を結ぶ路線で、新池一丁目から終点側の区間を廃止し、残る区間の起終点を入れ替え路線名を新池旭町線に変更する。

城野戸畑駅線は小倉北区片野五丁目と戸畑区北鳥旗町を結ぶ路線で、沢見一丁目から終点側の区間を廃止し、浅生一丁目から明治町までの区間を新たに浅生明治町線として指定、残る区間の名称を城野沢見線に変更する。大門三六線は小倉北区田町と戸畑区小芝三丁目を結ぶ路線で、戸畑区境川二丁目から終点側の区間を廃止する。

三六槻田線は戸畑区千防三丁目と八幡東区荒生田二丁目を結ぶ路線で、戸畑区沖台一丁目から起点側の区間を廃止し、残る区間の起終点を入れ替え路線名を槻田沖台線に変更する。中原天籟寺線は戸畑区中原西二丁目と天籟寺二丁目を結ぶ路線で、天籟寺一丁目から起点側の区間を廃止し、路線名を天籟寺線に変更する。

中町海岸通り線は同区銀座二丁目と元宮町を結ぶ路線で、南鳥旗町から起点側の区間を廃止する。全線廃止の築地元海岸通り線は銀座二丁目と銀座一丁目を結ぶ路線。同じく新池町中原線は新池三丁目と中原を結ぶ路線。新池町中原線については、同区間のルートを変更し北九州市道川代中原東線を整備、供用開始している。

今回の変更原案に対し意見がある場合は、9月1日までの縦覧期間中に公述人として申し出ることができる。公述の申出があれば、9月2日に小倉北区の生涯学習総合センター1FA会議室で公聴会を開催する。開催時刻は午後7時から午後9時までの予定。申出者がいない場合は中止する。

申出を行う場合は、公述申出書に氏名、住所、電話番号、公述意見を記載し、北九州市建築都市局計画部都市交通政策課へ提出。提出方法は、持参・郵送(小倉北区城内1-1 建築都市局計画部都市交通政策課)・ファクシミリ(093-582-2503)・Eメール(toshi-koutsuu@city.kitakyushu.lg.jp)のいずれか。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事