安部山公園駅のエレベーター設置工事、入札不調

北九州市が23日開札した湯川湯川新町2号線(安部山公園駅)昇降機設置工事(28-2)の指名競争入札は、不調となった。同工事は同市小倉南区のJR安部山公園駅にエレベーターを設置するもの。予定価格1172万円、最低制限・調査基準価格1円。開札日は23日11時31分。

安部山公園駅は九州旅客鉄道(JR九州、福岡市博多区)日豊線の駅で、1日の平均利用者数は約5千人(平成26年度)。改札口はホーム上空にあり、出入口は日豊線上にかかる国道10号の跨線橋の歩道部と接続するが、上下移動箇所は階段のみでエレベーターは未整備。

平成18年12月に国土交通省・総務省・国家公安委員会が制定した「移動等円滑化の促進に関する基本方針」では、1日の利用者数が3千人以上の鉄道駅を平成32年度までにバリアフリー化するよう求めている。安部山公園駅では市道湯川湯川新町2号線としてエレベータ等が整備される予定。

安部山公園駅の位置(グーグルマップ)


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事