山口FG傘下3銀行、マネーフォワード登録・連携でアマゾンギフト券500円

山口FGのロゴ

山口FGのロゴ

山口フィナンシャルグループ(山口FG、下関市、TYO:8418)傘下の山口銀行(同)、もみじ銀行(広島市中区)、北九州銀行(北九州市小倉北区)は31日、同社顧客向けの自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード for YMFG」の新規登録キャンペーンを開催すると発表した。

9月1日から来年1月31日までのキャンペーン期間中、同サービスの会員登録(無料)をした後、山口銀行・もみじ銀行・北九州銀行の口座、ワイエムカード、ワイエムデビットカードのいずれか1つ以上と同アプリを連携した人全員に、アマゾンギフト券500円分を進呈する。

キャンペーン期間以前からの利用者も今回のキャンペーンの対象となる。同サービスの登録メールアドレス宛にメールでギフト券の受取方法が届き、手順に従って手続きを行う。なお、口座やカードの連携後、1か月以内に連携を解除した場合、キャンペーンの対象外となる場合がある。

マネーフォワード for YMFGはマネーフォワード(東京都港区)が開発した自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」をベースに、山口銀行、もみじ銀行、北九州銀行の顧客向けの機能を拡充したサービスで、スマートフォン・タブレット用アプリ(iOS版・Android版)とウェブ版を提供中。

3銀行のインターネットバンキングと連携すると、アプリ等からいつでも銀行口座の入出金明細・残高確認ができる他、入出金明細やクレジットカードの利用履歴から家計簿を自動作成し、一目で家計の状況を把握できる。現金での支出もレシートを撮影し自動で分類・管理できる。

登録した口座等からは新しい記録が自動でアプリに取り込まれる。連携機能は日本国内の全銀行を含む2580以上の銀行口座の入出金・残高、クレジットカード・電子マネーの利用明細、通販サイトの購入履歴等に対応しているため、複数の口座に分散した資産も一括管理できる。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事