巴興業、美祢市のリーディングプラザ十文字に工場建設 投資額10億円

ナトコ(みよし市、TYO:4627)傘下の巴興業(同)は、美祢市にある工業団地・リーディングプラザ十文字に再生溶剤製造工場を建設する。美祢市との進出協定の調印式は、9月6日午前10時から美祢市役所2階応接室で開催する。

新工場は、美祢市美東町真名756-113のリーディングプラザ十文字F・G区画、1万212平米の敷地に建設する。投資額は約10億円で、今年10月着工、来年5月操業開始の予定。雇用従業員数は当初6人、最終的に10人を見込んでいる。

巴興業は昭和34年11月設立で、溶剤蒸留再生事業を手掛ける。平成25年11月1日にナトコの完全子会社となった。資本金は5千万円、従業員数は8月1日現在45人。平成27年10月期の売上高は約32億3千万円。リーディングプラザ十文字では別区画に倉庫を保有している。

リーディングプラザ十文字は旧美東町に建設された民間の工業団地で、業務用地面積は約8.6ヘクタール。平成22年3月、団地から車で約10分の位置に小郡萩道路十文字インターチェンジが供用開始し、美祢東ジャンクションを経由して中国自動車道へのアクセスも向上した。

巴興業の新工場建設予定地(グーグルマップ)


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事