県有地・宇部空港前公園売却 9月・10月に一般競争入札実施

宇部市草江四丁目の県有地「宇部空港前公園」の8工区と9工区の敷地を売却する一般競争入札が9月・10月に実施される。宇部空港前公園は宇部空港の拡張事業進展に伴い使用を中止し、売却を進めてきた。8工区と9工区は平成27年度にも入札を実施したが、不調となっていた。

8工区は「空港前」交差点に面した角地で、東側は県道220号宇部空港線、南側は市道空港線に接する。地番は1144番1。実測面積は3718.46平米(1124.83坪)で、最低入札価格は6020万円。敷地内約9平米に幅員約0.8から1.4メートル、長さ約8メートルの私道を供用している。

9工区は空港東西の出入口の中間に位置し、東側が県道220号宇部空港線に接する。敷地は間に道路・水路を挟み、1120番1と1122番1の2つに分かれている。実測面積はそれぞれ527.50平米と374.22平米、合計901.72平米(272.77坪)で、最低入札価格は1470万円。

両工区とも公園で使用していたベンチ、樹木、ブロック塀等の構造物は現況のまま引渡しとなる。また、敷地内には隣接者の給水管等を含む埋設管があるが、埋設位置や使用者、接続状況等は不明で、関係者との調整や費用負担が発生する場合は落札者の責任で実施することとなる。

8工区の現地説明会は7日に実施済。9工区は20日10時30分から11時に実施予定。入札参加の申込は8工区が7日から21日まで、9工区が16日から30日まで。入札実施日は8工区が28日、9工区が10月7日。落札後、8工区は10月12日まで、9工区は10月21日までに契約を締結する。

宇部空港前公園8工区の位置(グーグルマップ)

宇部空港前公園9工区の位置(グーグルマップ)


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事