宇部湾岸道路で撮影 矢沢永吉氏出演の日産・新型セレナCM

日産自動車(横浜市西区、TYO:7201)の自動車「セレナ」の新型車のCMに宇部市の沿岸部を結ぶ宇部湾岸道路が登場している。CMは今年6月8日から9日にかけて撮影されたもので、7月13日から同社ウェブサイトで公開されている他、テレビ等でも放送されている。

宇部市は平成26年10月に官民協働で「宇部フィルムコミッション」を設立し、映画やテレビドラマ、CM等の撮影誘致・支援活動を行っている。日産のCMはロックミュージシャンの矢沢永吉氏が出演し、約50人の撮影隊が新型セレナの走行シーンや室内、渋滞シーンを撮影した。

CMでは冒頭に渋滞する厚東川新橋や栄川運河橋が映り、新型セレナに搭載される同一車線自動運転技術をPRしている。途中、渋滞情報を示す看板が映り込むが、この看板は名古屋高速道路の路線図を改変して首都高速道路の路線番号を記したもので、実際には存在しない。

撮影に使用された区間の宇部湾岸道路は平成25年3月24日に開通。高架部は県道6号山口宇部線に指定。1日の交通量は約1万8千台。厚東川上流の国道190号線厚東川大橋の交通量は開通前後で約2割減少し、厚南地区の渋滞緩和と宇部市・山陽小野田市間の移動時間短縮に繋がった。

新型セレナのCM本編(YouTube・日産自動車公式チャンネル)

ロケ地の位置(グーグルマップ)


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事