下関観光1日フリー乗車券、新椋野で乗降可能に 温泉施設の優待も開始

サンデン交通(下関市)は9日、同社が販売する「しものせき観光1日フリー乗車券」の乗降可能バス停に「新椋野」バス停を追加した。同乗車券は下関駅や唐戸地区の同社切符売場等で販売。大人720円、子供360円で同社の主要路線・バス停を券面に記載の日1日利用できる。

また同日より、「新椋野」バス停前にある商業施設・ゆめモール下関の温泉施設「和楽の湯下関せいりゅう」で「しものせき観光1日フリー乗車券」「ロングライフパス」「休日おでかけ1dayパス」を提示すると、同施設の会員料金で温泉に入浴できるサービスも開始した。

和楽の湯下関せいりゅうはトラストホールディングス(トラストHD、福岡市博多区、TYO:3286)傘下のトラストネットワーク(同)が運営。一般料金は平日1200円、土日祝日1400円、会員料金は平日900円、土日祝日1000円。乗車券サービスは同伴者5人まで利用できる。

「和楽の湯下関せいりゅう」の位置(グーグルマップ)


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事