北九州銀行、サニーサイドモール小倉に無人店舗設置

山口フィナンシャルグループ(山口FG、下関市、TYO:8418)傘下の北九州銀行(北九州市小倉北区)は13日、北九州市小倉南区のJR下曽根駅前に9月15日開業する商業施設・サニーサイドモール小倉内に無人店舗を設置すると発表した。

店舗にはATM(現金自動預け払い機)を設置し、預金の引出・預入、通帳記入、振込、残高照会等のサービスを利用できる。店舗名は「小倉東支店サニーサイドモール小倉出張所」で、1月1日と2日を除く通年営業。営業時間は銀行営業日の10時から20時。管理店は小倉東支店。

サニーサイドモール小倉は旧ザ・モール小倉の建物を改装しリニューアルオープン予定の商業施設で、ハローデイやトイザらス等、120店舗以上が出店。開業日の9月15日から記念イベントも実施する予定。施設所有者は下曽根商業開発(東京都港区)。

北九州銀行以外では、ふくおかフィナンシャルグループ(ふくおかFG、福岡市中央区、TYO:8354)傘下の福岡銀行(同)、西日本シティ銀行(同市博多区、TYO:8327)、福岡ひびき信用金庫(北九州市八幡東区)もモール内にATM設置を予定している。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事