エアソウル、宇部−仁川線の予約開始 片道1万円から

格安航空会社(LCC)のエアソウル(大韓民国・ソウル)はこのほど、今年11月28日から新規就航予定の宇部−仁川線の運賃を公表するとともに、予約受付を開始した。

日本の運賃は割引運賃1万円と通常運賃3万1千円の2種類設定。予約変更手数料・払戻違約金は両運賃ともそれぞれ3000円。無料手荷物許容量は1人につき1点、23キログラムまで。

宇部−仁川線は宇部市の宇部空港と大韓民国・仁川広域市の仁川国際空港を80分または90分で結び、毎週月曜日・木曜日・土曜日の週3往復運航する。運航時刻は先日発表した。

仁川国際空港への国際航空路線を巡っては、LCCのジンエアー(大韓民国・ソウル)も12月から北九州空港(北九州市小倉南区)に就航予定。宇部空港・北九州空港で入国・出国する周遊ルートの形成により、相互の空港利用促進と観光客の増加も期待できる。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事