スターフライヤー、10月5日の一部便を手数料なしで変更・払戻

スターフライヤー(北九州市小倉南区、TYO:9206)は3日、同社が運航する航空便のうち、台風18号の影響で遅延や欠航、出発空港への引き返しや到着空港の変更(ダイバート)が想定される10月5日の一部便について、手数料なし変更や払い戻しに対応すると発表した。

対象便は、10月5日の宇部−東京(羽田)線(SFJ11・12便)、北九州−東京線(70・72・73・74・75・76・77・78便)、福岡−東京線(40・41・42・43・44便)、福岡−中部線(31・32便)、東京−大阪(関西)線(23・24・25・26・27・28・29便)。

該当する場合は、同社の予約案内センター(ナビダイヤル0570-07-3200)で、同一区間の同社の運航便に変更・払い戻しを行うことができる。変更・払い戻しは予約便の出発時刻以降も受け付けるが、逆区間への変更や他社便・他交通機関への振替はできない。

最新の運航情報は、以下の同社のウェブサイト等で随時発表する。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事