宇部市、ときわミュージアム内カフェ・ショップの運営者募集

宇部市は、ときわ公園(常盤公園)内にある博物館「ときわミュージアム」のカフェとショップの企画・運営を行う事業者を募集する。市が実施している同博物館のリニューアル事業にあわせて運営を開始し、リニューアルコンセプトに沿ったサービスを提供する。

ときわミュージアムカフェ(喫茶室)は、床面積は59.1平米、客席数は20席程度。営業時間は11時から16時だが、市との事前協議で延長可能。使用期間は平成29年3月1日から30年3月31日まで。使用料は月額税抜き7万7400円。内装改修やサイン・表示板等の設置は自由。

ときわミュージアムショップは、床面積は28.0平米。営業時間は原則9時30分から17時。使用期間は同館のリニューアルオープン日から30年3月31日までだが、開館前でも29年4月15日以降は開店可能。使用料は月額3万6100円。ショップの整備は市が実施する。

カフェ・ショップの営業日は同館の開館日に合わせ、火曜日は原則休館。期間満了後は市との協議で更新可能。光熱水費は実費負担。使用料は31年3月31日まで半額減免となる。市のショップ整備は、リニューアルコンセプトに沿った範囲で事業者の意向を反映できる。

応募資格は、個人・法人の別、住所・所在地の宇部市内外を問わない。喫茶室とショップの両方の出店も可能。今後、10月11日に現地説明会を開催、10月21日に応募用紙の提出を締め切り、10月31日にプレゼンテーション・審査、11月7日に出店者の決定を予定している。

ときわミュージアムは、ときわ公園内の野外彫刻美術館、熱帯植物館、ときわ湖水ホール彫刻展示室を統合し、平成19年に開館。正式名称は「緑と花と彫刻の博物館」。市によると、開館以来、今年7月末までに142万9千人が来館したという。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事