宇部マテリアルズ、タイ現地法人設立 モスハイジの新工場建設

宇部興産(宇部市、TYO:4208)グループの宇部マテリアルズ(同)は今年9月、同社の塩基性硫酸マグネシウム製品「モスハイジ」の製造・販売会社をタイ・バンコク市に設立した。モスハイジは宇部市の工場で一極生産しているが、タイに新たな製造拠点を設ける。

モスハイジは自動車用ポリプロピレン(PP)の添加剤で、補強材のタルク(滑石)と比べて約3分の1の添加量で剛性を維持できる為、自動車の軽量化と共に需要が拡大している。同社は平成24年・27年にモスハイジ生産設備の増強工事を行い、現在は年産3千トン体制。

モスハイジの生産拠点は現在宇部市のみだが、海外顧客の樹脂コンパウンドメーカー等の現地調達ニーズに応える為、需要地に近いタイに新工場を建設する。建設場所は同国の宇部興産子会社・ウベケミカルズアジアの生産拠点内を予定し、31年の完成を目指す。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事