小倉北区・城野駅前にテナントビル建設中 11月完成へ

北九州市小倉北区のJR城野駅前で、テナントビルの建設が進んでいる。建設場所は同区若富士町7番、城野駅の北口駅前広場(県道214号城野停車場線)と国道10号に面した平面駐車場跡地で、11月中旬ごろの工事完成・引き渡しを予定している。

ビルの完成イメージ(不動産中央情報センター)

ビルの完成イメージ(不動産中央情報センター)

敷地の用途地域は商業地域で、指定建蔽率80パーセント、指定容積率400パーセント。また、準防火地域に指定されている。建物は鉄骨造地上3階建。1階部分は交差点側の一部がテナントスペースで、残りをピロティ状の構造とし11台分の駐車場を配置する。

現在募集中の区画は1階部分のみ。不動産中央情報センター(北九州市小倉北区)テナント事業部の募集情報によると、募集面積は83.84平米(25.36坪)で、賃料は税込19万1722万円、共益費・管理費は同2万7389円、駐車料金は同1万800円。

城野駅の北側一帯では北九州市の「城野ゼロカーボン・先進街区形成事業」が進行中。土地区画整理事業の実施エリアは今年3月末に「まちびらき」し、今後約500戸の住宅建設が予定されている。テナントビルの建設地は事業エリア外だが、事業の波及効果で土地活用に繋がった。

城野駅前のテナントビル建設地(グーグルマップ)


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事