国交省、28年度第2次補正予算の事業計画通知 道路関係抜粋

国土交通省は18日、平成28年度第2次補正予算の直轄事業の事業計画を関係地方自治体に通知した。以下、地元自治体への通知内容から「道路関係」の改築事業、交通安全事業(I・II種)の事業計画を抜粋する。

改築事業

国道491号長門・俵山道路(長門市)には工事費11億円を計上。今年度は柿木原第2橋他下部工、柿木原地区他改良工を推進する。俵山インターチェンジ(IC)−長門IC間の5.5キロメートル(km)全線が完成2車線で31年度開通予定。

国道2号富海拡幅(周南市−防府市)には工事費6億4千万円、測量設計費4千万円、計6億8千万円を計上。今年度は調査設計と富海地区の改良工を推進する。開通時期は未定。

国道212号三光本耶馬渓道路(中津日田道路、中津市)には工事費5億6千万円を計上。今年度は田口地区他改良工、下屋形橋下部工を進める。中津IC−田口IC間の2.8km区間は完成2車線で30年度開通予定。その他区間の開通時期は未定。

国道3号黒崎バイパス(北九州市)には工事費5億円を計上。今年度は春の町地区他改良工、東田地区他橋梁下部工・上部工を推進する。開通時期は未定。

国道201号飯塚庄内田川バイパス(飯塚市−田川市)には工事費1億4千万円を計上。今年度は筑豊鳥尾トンネル舗装工を進め、庄内工業団地交差点−県道口ノ原稲築線交差点間の1.2km区間は28年度、同交差点−見立入口交差点3.5km区間は29年度、いずれも4車線で開通予定。

同香春拡幅(香春町)には工事費1億円を計上。今年度は岩原地区改良工を推進する。開通時期は未定。

交通安全事業(I種)

国道3号今古賀交差点改良(遠賀町)には工事費4億77百万円、測量設計費3千万円、計5億7百万円を計上。今年度は調査設計・工事を推進する。開通時期は未定。

国道191号西深川歩道整備(長門市)には工事費51百万円を計上。今年度は工事を推進。29年度開通予定。

国道2号印内地区交差点改良(下関市)には工事費42百万円を計上。今年度は工事を推進。開通時期は未定。

同銭ヶ原自転車歩行者道整備(宇部市)には工事費12百万円、用地費・補償費18百万円、計3千万円を計上。今年度は用地買収・工事を推進する。開通時期は未定。

交通安全事業(II種)

国道10号簡易パーキング整備事業には4千万円を計上。道の駅・豊前おこしかけ(豊前市)、道の駅・しんよしとみ(上毛町)の駐車場を整備する。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事