アースコーポレーション、八幡西区に賃貸マンション建設中

AGAホールディングス(AGAHD、北九州市小倉北区)傘下のアースコーポレーション(同)は、北九州市八幡西区東神原町に賃貸マンション「アースコートワイズシティ東神原」を建設している。入居者募集は今年8月から開始。完成時期は来年2月上旬を予定している。

建設場所はJR黒崎駅から南東方向へ約850メートル、徒歩約11分の神原警察職員住宅隣接地。用途地域は第1種住居地域で、指定建蔽率60パーセント、同容積率200パーセント。敷地北側は市道東神原町3号線、南側は市道東神原町4号線、いずれも区画道路に面する。

建物は鉄骨鉄筋コンクリート造、地上9階建。総戸数は48戸。住戸タイプはA(2LDK・専有面積52.74平米)、B(1DK・同30.82平米)、C(1K・24.48平米)、D(1DK・30.01平米)、E(1DK・40.32平米)、F(1LDK・40.02平米)の6種類。

初期費用は敷金1か月、礼金2か月(ペット飼育の場合3か月)等。駐車場は全て平置きで、屋内月額税込1万1880円、屋外同9720円、バイク置き場同1620円、駐輪場無料。全室にWi-Fiルーターを設置しており、月額無料(初期設定料のみ税込1万800円)で利用できる。

北九州市内では近年、小倉北区の小倉都心部や門司区・戸畑区のJR駅周辺で新築賃貸マンションの供給が増加。長らく動きがなかった八幡西区・八幡東区にも波及し、JR八幡駅やJR黒崎駅周辺で新規供給の動きが出ている。

アースコートワイズシティ東神原の建設地(グーグルマップ)


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事