29年下関市長選挙、3月5日告示・3月12日開票

下関市選挙管理委員会はこのほど、任期満了に伴い実施予定の平成29年下関市長選挙について、3月5日告示・3月15日投開票とすることを決定した。10月4日現在の選挙人名簿登録者数は、男性10万4333人、女性12万3680人、合計22万8013人。

立候補予定者説明会は、今年12月16日14時から下関市役所本庁舎新館5階の大会議室で開催する予定。29年3月26日に任期満了を迎える中尾友昭現市長は、今年6月20日の市議会定例会一般質問で、田中義一議員の立候補要請に対し、次期市長選に出馬する旨を表明している。

下関市では自由民主党系の勢力が圧倒的に強い為、他の野党等は候補者すら出せない状態が続く。25年の前回市長選挙は、安倍晋三首相に近い「安倍派」の西本健治郎氏と、林芳正元農林水産大臣に近い「林派」の中尾友昭氏による一騎打ちだった。

ただし、安倍派対林派の構図は地元勢力同士の対決により生じたもので、当の安倍・林両氏は地元に対応を一任している。中選挙区時代は国政選挙での「直接対決」もあり得たが、現在は衆議院小選挙区と参議院選挙区に別れ、双方とも広く支持を集めることが重視される為だ。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事