日田彦山線で収穫列車「みのり号」運行へ キハ66・67系使用

九州旅客鉄道(JR九州、福岡市博多区、TYO:9142)は11月19日、日田彦山線で収穫列車「みのり号」を運行する。使用列車はキハ66・67系で、小倉駅(北九州市小倉北区)・城野駅(同市小倉南区)と歓遊舎ひこさん駅(田川郡添田町)の間を往復する。

みのり号の運行は同社が企画する旅行商品の一環で、沿線自治体で構成する日田彦山線活性化推進沿線自治体連絡会が協力する。途中駅では15分から1時間程度停車し、沿線各地域の特産品・グッズ等のプレゼント、野菜等の販売、5千円相当の「小倉牛」が当たる抽選会等を行う。

特産品として、北九州市は北九州空港関連グッズ、小倉南区は合馬天然水(500ml)ペットボトル1本、香春町は採銅所のあま干し柿、田川市は炭坑節まつりの手ぬぐいと山本作兵衛炭鉱記録絵葉書、川崎町は小梅ちゃんグッズセット、添田町は道の駅から新米2合、東峰村は菌床しいたけ、日田市はガラス玉、JR九州は九州鉄道記念館(北九州市門司区)の入場券とJR九州ファクトリーのジュース(180ml)を提供する。

運行時刻は、小倉駅10時30分頃発、城野駅10時45分頃発、採銅所駅11時15分頃着・11時45分頃発、田川伊田駅11時55分頃着・12時20分頃発、井尻駅12時30分頃着・12時45分頃発、歓遊舎ひこさん駅13時05分頃着。折り返し、同駅14時10分頃発、石原町駅15時10分頃着・15時40分頃発、城野駅16時10分頃着、小倉駅16時20分頃着。

旅行代金は大人4800円・小人3800円で、往復運賃の他に、お茶付きおにぎり弁当や沿線地域の特産品を含む。募集人員は80人、最少催行人員は72人。応募締め切り日は11月4日だが、定員になり次第、募集を終了する。申込先はJR九州旅行法人営業支店(電話番号 092-474-8129 )。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事