山口FG、保険会社から受領する代理店手数料を開示

山口FGのロゴ

山口FGのロゴ

山口フィナンシャルグループ(山口FG、下関市、TYO:8418)傘下の山口銀行(同)、北九州銀行(北九州市小倉北区)、もみじ銀行(広島市中区)は1日、保険会社から受領する代理店手数料を開示し、手数料の受領方式を変更した。

銀行が保険会社から受領する生命保険(特定保険契約)の代理店手数料開示は、顧客が適切な判断を行えるようにする為の措置。手数料の高い商品を優先して勧めているのではないかとの疑問に応え、公平性を高める。

手数料の受領方式は従来、契約時の一括受領としていたが、保険会社各社が契約時の「販売手数料」と契約後定期的に受領する「継続手数料」を導入することを受け、銀行でも販売手数料と継続手数料を分けて受領することになった。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事