下関市と北九州市、「関門海峡ぐるっと夜景バス」運行開始

下関市と北九州市はこのほど、両市内にある旅館・ホテルの宿泊者を対象に、関門地域の夜景スポットを観光ガイド付きで案内するツアーバス「関門海峡ぐるっと夜景バス」の運行を開始した。ツアー料金は無料で、11月から来年3月までの毎週土曜日等に運行する。

夜景バスの運行は、政府の地方創生交付金を活用した「『かんもん海峡都市』観光まちびらき・形成連携事業」の一環で、関門地域を訪れる観光客の滞在時間や宿泊者数の増加を目指す。将来的には行政の助成に頼らず運行できるよう、自主運行体制の構築も進める。

コースは下関駅発着と門司港駅・小倉駅発着の2種類用意。下関発着コースは門司区のめかり第二展望台や門司港レトロ地区、門司港・小倉発着コースは下関市のあるかぽーとボードウォークや火の山展望台を巡る。

運行日は平成28年11月から平成29年3月までの毎週土曜日(12月31日を除く)、12月23日(祝日)、3月19日(日曜日)。申し込みはインターネット上で受け付ける。定員は各コース40人で、先着順。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事