山口FG、窓口に新システム導入 スピーカーで聞き取りやすく

山口フィナンシャルグループ(山口FG、下関市、TYO:8418)傘下の山口銀行(同)、北九州銀行(北九州市小倉北区)、もみじ銀行(広島市中区)は10日、3銀行の営業店窓口等に卓上型対話支援システム「コミューン(COMUOON)」の設置を開始した。

コミューンは窓口担当者の声を専用マイクで集音し、スピーカーから音声を伝えるシステムで、耳が聞こえにくい顧客の利便性向上を図る。担当者が大声で返答するとかえって聞き取りにくくなる場合もあったが、新システムでは明瞭な音声により円滑なやり取りが可能となる。

設置店舗は、山口銀行の本店営業部・徳山支店・岩国支店・萩支店・防府支店、北九州銀行の本店営業部・八幡支店、もみじ銀行の本店営業部・福山支店・呉営業部・商工センター支店・可部支店・西条支店。11月10日から順次、各店舗窓口等に設置を進める。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事