スターフライヤー、年末年始の北九州−羽田臨時便に昼間帯追加

スターフライヤー(北九州市小倉南区、TYO:9206)は17日、今年12月30日から来年1月3日までの年末年始期間に、北九州空港と東京国際空港(羽田空港)を結ぶ路線で運航する臨時便を計8便追加すると発表した。

同社は9月21日、年末年始の早朝深夜時間帯の臨時便6便の運航計画を発表し、販売を開始していたが、今回、昼間時間帯の臨時便追加を決定した。追加分の販売は18日9時30分から開始する。運賃は予約画面に表示する。

追加臨時便の運航時刻(スターフライヤーの発表をもとに宇部ジャーナル作成)

追加臨時便の運航時刻(スターフライヤーの発表をもとに宇部ジャーナル作成)

追加の臨時便は、12月30日に羽田行・北九州行を1便ずつ、12月31日に羽田行を1便、1月1日に北九州行を1便、1月2日と同3日の両日に羽田行・北九州行を1便ずつ運航する。運航は関係当局の認可が前提で変更の可能性もある。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事