JR九州フードサービス、小倉駅ビルに新業態一号店を出店へ

九州旅客鉄道(JR九州、福岡市博多区、TYO:9142)傘下のJR九州フードサービス(同)が、北九州市小倉北区の小倉駅ビルに新業態のカフェレストランを出店することがわかった。出店場所はステーションホテル小倉1階で、12月中旬に開店する予定。

店舗名は「CAFE&DINER THE TRAVELERS’」で、昼はカフェ、夜はカフェバーとして営業する。現在、同社ではオープニングスタッフを募集中。募集人数は20人以上で、面接は同社が運営する驛亭小倉駅店(小倉駅北口ビル1階)で行う。

JR九州フードサービスは平成8年2月1日、JR九州100パーセント出資で設立。独自ブランドの居酒屋事業・麺事業等の他、「吉野家」等の大手飲食店チェーンのフランチャイズ店舗を展開。JR小倉駅構内では、うどん店2店舗、ラーメン店1店舗を運営している。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事