スターフライヤー、新機材の引渡遅れ お披露目イベント延期

スターフライヤー(SFJ、北九州市小倉南区、TYO:9206)は7日、今年8月31日に導入を発表していた新機材について、受領が遅れていることを明らかにした。12月17日に北九州空港で開催予定だった「お披露目」イベントについては、12月23日に延期する。

新機材はエアバスA320型機1機で、ANAホールディングス(ANAHD、東京都港区、TYO:9202)からリースにより賃借する。従来は定期重整備や飛行訓練に伴う計画運休が発生していたが、新機材の導入で運休を回避し、来期以降の事業拡大に備える。

23日のイベント「STARFLYER 10th ANNIVERSARY NEW STAR EXHIBITION」では、新機材に加え、新しい制服やボーディングミュージックも披露する。イベントへの参加申込は12月2日をもって締切済。当選者には、開催日の変更を電話で連絡する。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事