北九州市、関門ブランドPRに山口FG子会社と広告代理店のJV選定

北九州市は1日、下関市と共同で実施する「関門ブランド創出事業及びPRイベント事業」について、業務の委託候補者にビービーディーオー・ジェイウエスト(福岡市中央区)北九州支店とYMFG ZONEプラニング(下関市)の共同事業体(JV)を選定したと発表した。

同事業は政府の地方創生推進交付金を活用した「『かんもん海峡都市』観光まちびらき・形成連携事業」の一環で、来年2月から3月にかけて関門地域の魅力をPRするイベントを開催。イベント等を通じて関門地域の集客や知名度を向上させ、滞在・宿泊観光客の増加を図る。

委託候補者の選定は、事業者から提案を募集する企画提案公募により実施。審査では企画提案書と事業者ヒアリングを実施し、審査員6人各100点、合計600点満点で評価した。審査結果は、委託候補者となったJVが461点で、A社418点、B社367点、C社360点と続いた。

ビービーディオー・ジェイウエストは、外資系広告代理店のアイアンドエス・ビービーディオー(東京都中央区)の完全子会社で、北九州市小倉北区と下関市に支店を設置。下関市と北九州市が実施する「関門地域夜間景観周遊バス」運行等事業の委託先にも選定されている。

YMFG ZONEプラニングは山口フィナンシャルグループ(山口FG、下関市、TYO:8418)の完全子会社で、平成27年7月21日設立。地方創生に資する中堅・中小企業の成長支援や官民連携のインフラ整備促進、労働生産性向上に資するコンサルティング等の事業を展開している。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事